介護職の職務経歴書の書き方教えます《テンプレート付き》  


希望の介護事業所が見つかり、書類選考または面接に持参する「職務経歴書」。
職務経歴書の書き方がわからない、初めて作成するという介護職の皆さんも多いのではないでしょうか。

この記事では、介護のお仕事を志望する方向けに、職務経歴書の書き方を丁寧に解説します。
テンプレートをダウンロードすることもできるので、ぜひご活用ください。

1.職務経歴書とは?

そもそも、職務経歴書とは何でしょうか?

職務経歴書は、簡単にいうとこれまでのお仕事での経験を詳細にアピールするための書類です。流れがわかれば、難しい書類ではないので安心してください。
履歴書との違いを理解したうえで、職務経歴書のサンプルを見て全体像を知るところからスタートしましょう。

1-1.履歴書と職務経歴書の違い

履歴書とどう違うのか?というのが最も多いご質問です。

それぞれ役割の違いを見てみましょう。

◆履歴書

☑通勤距離はどのくらいか?
☑学歴や職務経歴は?
☑なぜこの施設を志望しているのか?
☑転職回数・頻度はどれくらいか?
☑丁寧な字で書かれているか

◆職務経歴書

☑求める実務能力がある人か
☑具体的にどのような経験をしてきたのか
☑介護の仕事に意欲・熱意を持っているか
☑転職理由は納得できるものか

それぞれの役割を見るとわかるように、履歴書はあなたが志望する介護事業所へ現実的に通勤できるのか、これまでの経歴概要はどのようなものかを確認する書類です。
転職を短期間で繰り返していないかもチェックポイントになるでしょう。

一方、職務経歴書はそれぞれの勤務先で具体的にどのような仕事をしてきたのか、どんな役割を担い、どんな姿勢でお仕事に取り組んできたかを見るための書類です。
つまり、あなたのアピールポイントを凝縮した書類になるわけです。

面接でこれまでの経歴・介護のお仕事に対する熱意や思いをお話するのはもちろん重要ですが、職務経歴書でもしっかりこれまでの経験をアピールしましょう。
ここで整理しておくことで、面接でも質問に対してスムースに答えられます。

1-2.サンプル職務経歴書から全体像を知ろう

画像が見にくい場合はこちらからサンプル職務経歴書をダウンロードできます。
サンプル職務経歴書のダウンロード

1-3.職務経歴書ダウンロード 《テンプレート》

テンプレートをダウンロードできます。

職務経歴書テンプレートのダウンロード

職務経歴書は基本的にパソコンで作成するのが一般的です。

サンプルは全体をつかむための例ですので、自分の言葉でこれまでの経験をしっかりアピールすることが大切です。

2.職務経歴書を書く前に経歴を整理しよう

さて、職務経歴書がどのようなものかは把握できましたか?

1章で見たような職務経歴書をいきなり文章で書いていこうとすると、手が止まってしまうかもしれません。
また、整理できずダラダラと長い文章になってしまうのも良くありません。

パソコンで職務経歴書を作成し始める前に、紙に箇条書きでこれまでやってきたことを書き出してみるのがおすすめです。
この時はどんな細かいことでもいいのでとにかくいっぱい書き出してみましょう。

自分ではアピールできると気づいていない日常業務の中にも、アピールポイントになることは多くあるはずです。

  • 認知症の方の介護
  • 車いす生活の方の介護(お買い物付き添い、身体介助、リフォームの相談(上位職とともに))
  • ご家族との面談(月1~2回)
  • 介護記録
  • ケアプランの読み込み・理解
  • 看護師、機能訓練士とのミーティング
  • レクリエーションの準備(お誕生日会、クリスマス会、…)

挙げたらきりがないですよね。
でも、一旦全て書き出してみます。

介護職として働いていたと一言で言っても、こんなに色々なことをしていたのだと気づきますね。

ここから、自分が工夫していたことや特に意識していたこと等を書けば、ぼんやりとしていた経歴がはっきりとしたものになってきます。
特にアピールポイントなんてないと思っていた方も、なんだか書けそうな気がしてきませんか?

3.職務経歴書の書き方のポイント

書き方のポイントは一つ。
見た目も中身も読みやすくすることです。

面接する側の園は、何人も面接をしています。

A4用紙1〜2枚、多くても3枚以内にまとめましょう。
また、見た目も簡潔でわかりやすいものになるよう工夫しましょう。
タイトルは太字にするなど視覚的にも項目が整理されていると読みやすくなります。

①介護施設の形態・入居者数(担当人数)

介護のお仕事の場合、介護施設の形態により仕事内容が変わります。
訪問介護、入居型、通所型などどのような施設だったのかを書きましょう。

また、入居者数や担当人数などどれくらいの方を対応していたのかも書くことで、採用担当者もご経験をイメージしやすくなります。

②雇用形態・職種

正社員だったのか、パートだったのか雇用形態を明記しましょう。

職種についても、介護職だったのか、サービス提供責任者だったのかなどがわかるように明記します。

③職務内容

ここは、見やすいよう箇条書きにしましょう。

担当業務の範囲は2章で書き出した業務をまとめ、経験した業務を記載しましょう。
2章では自分の業務を振り返るために細かい業務も挙げましたが、アピールできる主な業務をピックアップして書きましょう。

④自己PR

これまでの経験を入職後に活かせることをアピールしましょう。

担当業務の中で、工夫したこと、特に力を入れて取り組んだことを具体的に記載します。
5W1Hを意識して書いてみると、具体的な文章にしやすいです。

例えば、

「入居者同士の交流がより深まるようなレクリエーションを企画・実施しました。同じ入居者の中でも積極的にコミュニケーションを取れる方と、自分から積極的に輪に入れない方がいらっしゃいました。このことを解決できればと思い、それまでは「職員対全員」のような構図となる内容のものが多かったレクリエーションを、入居者同士の交流がより増えるような内容に変えることを提案しました。その結果…」

といったように、自分が工夫したことや力を入れて取り組んだことについて、具体的に書きます。

「レクリエーションを工夫し、介護職として成長できるように努力した」のような抽象的な表現だと、イメージしにくく読み進めたいと思えませんよね。
何をどのようにしたのか。なぜそのような行動をしたのか。
5W1Hを意識して具体的に書いてみてください。

4.採用担当の気持ちで見直そう

最後に「採用担当者の気持ちで見直す」というのはとても大切です。

書いた後すぐに読み返すことももちろんですし、翌日にもう一度読んでみるのもおすすめです。

読み返すと自分の文章を客観的に見ることができます。
そうすると、わかりにくい表現や読みにくい箇所を発見できます。

もちろん、誤字脱字にも注意が必要です。
出来上がった書類は必ず読み返し、最終確認したものを提出しましょう。

5.まとめ

いかがでしたか?
はじめは「職務経歴書」って何だろう?と思っていた方も、書けそうな気がしてきたのではないでしょうか。
自分のこれまでの経験を客観的に振り返り整理することは、面接の準備にも繋がります。

みなさんが自分の仕事に誇りと責任をもって取り組んできたことを、職務経歴書と面接でしっかり伝えられることを祈っています。
自分のこれまでの経験を整理し、しっかりアピールして希望の施設から採用内定をいただけるようがんばってください。