〈介護職向け〉面接で好印象を残すための履歴書の書き方


希望の施設が見つかり、いよいよ書類選考もしくは面接という介護職さん。

履歴書の書き方をしっかり確認して、面接でいい印象を持ってもらいたいですよね。

この記事では、履歴書作成の過程でもっとも重要な「志望動機の整理方法」からお話し、履歴書の書き方を丁寧に解説します。

履歴書を基本的なルールに沿って書くことは前提として、あなたが採用担当者だった場合に履歴書のどの部分を重視するかという視点で履歴書を作っていきましょう!

1.履歴書の志望動機を整理しよう

履歴書作成において、ポイントとなるのが志望動機です。

一番書くときに悩む箇所でもありますよね。

なぜその会社を希望するのかを考え整理することは、自分の転職活動を客観的に考えるという意味でも非常に重要なことです。

あなたがこれから受ける会社をなぜ志望しているか、必ず自分で考え自分の言葉でまとめてみましょう!

介護の教科書求人版に登録し、履歴書添削の相談をする

※介護の教科書求人版より応募される場合に限り、履歴書添削をしています(無料)。

1-1.志望動機を文章にしていくポイント

以下の流れで志望動機を文章にしてみましょう。

①なぜこの会社・この介護事業所を志望したのか?

その法人の理念や考え方など、率直に共感できる部分に触れ、なぜ数ある介護事業所の中でこの施設を志望したのかを述べましょう。

②介護の仕事をするうえで大切にしていること(経験者のみ)

③入社後、どのような介護職員になりたいか

(補足)

介護事業所の施設形態にこだわって転職活動をされている場合に、例えば「訪問介護では、限られた時間の中でしか利用者様と接することができず、より利用者様の生活に密着し、寄り添った介護をしていきたいと思うようになりました。」という内容も書くのは、転職理由も明確で良いでしょう。

ただし、そのうえで訪問介護サービスを提供する会社の中からなぜこの会社を志望するのかというところまで理由を掘り下げて書きましょう。

1-2.志望動機の注意点

志望動機を書く際に、「きっかけ」と勘違いして書いてしまう方がいます。

「自宅から近く通勤しやすいと思い志望しました」のような安易な内容は避けましょう。
また、「転職サポートで求人案内され、魅力に感じたので志望しました」というような内容は志望動機とは言えません。

転職活動をする際に、通勤距離やお給料などを重視して職場を探す方は多いです。

これから選考を受ける会社を希望したのも、自宅から近いという理由が大きかったというのは率直な内容でそれ自体が安易でダメというわけではありません。

それでも、考えてみましょう。

あなたは、その施設がとても暗い雰囲気で職員の方が嫌々仕事をしているような施設でも志望しましたか?会社の理念に、「利用者の気持ちより、介護職員の仕事が楽な施設を目指します」などと書いてあったら、志望していないはずです。

自宅から近かったらというのは大きなきっかけですが、近いうえで他に魅力を感じたポイントは必ずあります。

まだその理由を深く掘り下げて考え、気付くことができていないだけでしょう。

1-1でご紹介した流れに沿って、考えてみてください。

2.履歴書の形式は自分に合わせて選ぼう

履歴書の形式は様々なものがあります。

本屋さんで購入するか、インターネットでもダウンロードできますが、内容に注意して選びましょう。

転職歴が多い方は自分の経歴を記載するのに職歴欄が足りるかどうかという点も確認する必要があります。

また、履歴書は基本的にすべての項目に記入して提出します。

自分が書きやすいフォーマットのものを選ぶと良いでしょう。

すでに社会人経験が長く学生だったのは何年も前なのに、「学生時代に頑張ったこと」や「得意な科目」といった項目がある履歴書を選んでしまうと記入して提出したとしても違和感があります。

3.介護職履歴書の書き方(見本)

基本情報

●日付

面接に直接持参する場合は、面接当日の日付を記入します。

郵送の場合は投函する日付を記入しましょう。

●写真

サイズは横2.4〜3cm、縦3.6〜4cmで3カ月以内に撮影したカラー写真を用意しましょう。

写真館などで撮影したものはやはり見栄えが良く理想的です。

ただ、予算や時間の問題もあると思いますので、スピード写真撮影機のものでもかまいません。

印象の良い表情と清潔できちんとした服装のものにしましょう。

万が一写真が剥がれた場合に備え、写真の裏にはボールペンで名前を記入しておくといいでしょう。

書類を書き損じることもあるので、写真は最後に貼りましょう。

●氏名

姓と名にスペースを空けて読みやすく。ふりがなは履歴書の書き方に合わせて「ふりがな」はひらがな、「フリガナ」はカタカナで記入します。

●年齢

「日付」に記入した時点での年齢を記入します。

●住所

省略せずに都道府県から記入します。

郵便番号、マンション名、ふりがなも忘れずに記入してください。

「連絡先」欄は現住所と異なる場合のみ記入しましょう。

●電話番号

自宅に固定電話がある場合も、日中に連絡がつきやすい携帯電話番号も記入しておきましょう。

●メールアドレス

携帯アドレスを記入しない場合も、スマートフォンや外部のパソコンでも迅速な確認ができるアドレスを記入するようにしましょう。

学歴・職歴欄の書き方

履歴書全体で西暦か元号表記かを統一しましょう。

通常、高校卒業から記入します。学校名は、略さず正式名称で記入しましょう。

時系列順に記入し、会社名は㈱のように省略せず正式名称で記入します。

また、介護事業所等の事業所名だけではなく必ず会社名も記入しましょう。

「社会福祉法人○○会入職 △△配属」のように記載します。

最終行には、「現在に至る」または「在職中」と記入し、その下の行に右寄せで「以上」と記入します。

免許・資格の書き方

取得年月順に書きます。免許や資格の名称は省略せず正式名称を記入しましょう。

趣味・特技

趣味・特技は、面接で話題になることもあります。

空欄にせず、記入するようにしましょう。

介護職では、面接でよく「ストレスの発散方法」について聞かれるようです。

仕事を長く続けるためにストレス解消法を持っているかを気にする採用担当者もいるようなので、趣味でストレス発散していると話し、安心してもらえるようにしましょう。

本人希望欄

基本的には、「貴社規定に従います」と記載しましょう。

待遇面などの希望を細かく記載し、それが職場の規定と違っていた場合にそれが原因で不採用となることもあるので注意しましょう。

書くべきかどうか迷う内容があれば、介護の教科書求人版キャリアコンサルタントにご相談ください。

(※履歴書添削サービスは、介護の教科書求人版を利用して応募される方に限ります。)

 

4.まとめ

いかがでしたか?

介護職の就職・転職で履歴書を準備する際には、ぜひ参考にしてください。

履歴書は、面接後にも採用担当者が見直し、場合によっては事業所内で共有されることもあるでしょう。

あなたの経歴は間違いがないよう記載し、志望動機はしっかりとあなたの想いが伝わる文章にできるよう整理しましょう。

希望の施設から採用内定をいただけるよう、気持ちを込めて丁寧に作成しましょう。